ミニマリストにおすすめの財布

「それぞれの個性にそれぞれの機能を」がコンセプトの蔵前工房。人の個性は十人十色、革小物に求める機能も人それぞれ様々、という前提で製品の企画をしているつもりなのですが、ふと気付くと、ある志向が基本にあるように思います。

それはミニマル(最小限)です。あるものは機能を絞り込んで最小限に、あるものはサイズを最小限まで切り詰めて。またあるものは欲張って機能満載にしたつもりが、結果的にAll in Oneで持ち物の数が最小限になってみたり・・・。どうも私の中にミニマル志向が存在しているようです。


ミニマリスト。必要最小限の物だけを持つことで、かえって心豊かに生きられるという考え方、ライフスタイルは近年広まりを見せています。そんなミニマリストの方々におすすめしたいアイテムが、蔵前工房には揃っていそうです。

高橋悌一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です