Journal

Journal
蔵前工房としてのシェアリングエコノミー

蔵前工房としてのシェアリングエコノミー 流行りの言葉です。直訳すれば「共有経済」あるいは「分担経済」ということですが、要は「分かち合う経済」ということでしょうか。 そういう意味で、蔵前工房のもの作りは正にシェアリングエコ […]

続きを読む
Journal
蔵前工房の思いがこもった第一号の製品、スマート長財布

蔵前工房のブランド立ち上げ当初、もの作りの思いを考えた時に、 「持つ人にとって本当に良い財布とはどういうものか?」 これをゼロから考え直すことから企画はスタートしました。 良質のレザーを贅沢に使い、あたかも仕立のよいスー […]

続きを読む
Journal
「コンパクト+収納力+使いやすさ+良い素材」の財布とは何か? 外BOX付き二つ折り財布

蔵前工房の外BOX付き二つ折り財布は大きく開いて小銭が圧倒的に出し入れしやすいBOX型小銭入れを外側に配置しています

続きを読む
Journal
Leather aging kuramae kobo wallets レザーエイジング

時間と共に経年変化を愉しむ事ができるのが革の魅力です。 忙しなく過ぎる、日々の生活の中で時を刻んだ証の様な大切な存在。  毎日使い込む中で革の色、表情が深まり、しっとりとした肌触りで、手に馴染んでくるでしょう。 […]

続きを読む
Journal
スマートな所作のために、技術の結晶を込めた風琴マチ名刺入れ

ビジネスシーンでは身だしなみのマナーがとても大事にされます。 落ち着いた色合いのシングルスーツ、清潔感のあるシャツ、ネクタイの色や巻き方、プレスのかかった折り目のズボン、手入れをされた革靴や鞄。そして髪型から髭のお手入れ […]

続きを読む
Journal
コンパクトで自由が効くアイテム

今回は当ブランドのアイテムの使い方について書かせて頂きます。 昨今、キャッシュレス化が進みコンパクト財布の需要は高まっています。 スマホだけで決算が可能な時代になりましたが、現金が必要なシーンもまだまだあります。かと言っ […]

続きを読む
Journal
ミニマリストにおすすめの財布

「それぞれの個性にそれぞれの機能を」がコンセプトの蔵前工房。人の個性は十人十色、革小物に求める機能も人それぞれ様々、という前提で製品の企画をしているつもりなのですが、ふと気付くと、ある志向が基本にあるように思います。 そ […]

続きを読む
Journal
日本民藝館で感じる職人の創意と技術

ゴールデンウィーク中に東大駒場前にある日本民藝館に行ってきました。 民芸運動の創始者、柳宗悦が大正時代に美術品ではなく日用品から真の美を見出そうという考え、用の美を提唱しました。 民藝館内では柳宗悦によって収集された全国 […]

続きを読む
Journal
出会いの季節

今年の春は、気温の寒暖差が毎日激しく装いを決めるのに毎日困った方も多いのではないでしょうか。 ただ、今年の桜が長持ちしたのは、その寒暖差があったからだそうですね。毎年あっという間に散ってしまう桜を、2週間以上も窓から眺め […]

続きを読む
Journal
Lファスナー長財布への思い

私は2年前にいままで使用していた2ツ折り財布から「蔵前工房」のLファスナー長財布に変えました。 長年何十年と2つ折り財布を使用し、デザインや仕様に慣れていて愛着があるが、今回は気分転換で長財布を使用することに決めました。 […]

続きを読む